オリジナルのぼり旗、横断幕、懸垂幕、既製品のぼり旗を大阪府柏原市から全国に激安価格で通販しております。

主な営業範囲 大阪、奈良、和歌山、滋賀、福岡、東京、埼玉、千葉、愛知、愛媛、京都、熊本、徳島、三重、大分、青森、秋田、石川、通販で全国対応
のぼり旗•横断幕•懸垂幕
販売店 カルミア

〒582-0022
大阪府柏原市
   国分市場2-10-18
TEL:072-977-2350
FAX:072-977-2310
営業時間AM9:00-PM6:00

お問合せの際はQ&Aを
ご参照ください。
FAX専用お見積り・お問合せ用紙
(↑PDFが開きます)
FAX用お問合せ用紙をご利用いただくためには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のGet Adobe Readerのアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご利用ください。
アドビリーダー

*

Valid XHTML 1.0 Transitional


正当なCSSです!

生地について/用語について

フルカラー対応。1枚から大口注文まで対応します。

10,000円以上!全国送料無料!安心価格!

各種のぼり旗・横断幕・懸垂幕の品質に自信があります。
のぼり竿(のぼりポール)、立て台も取り揃えておりますので、のぼり旗と一緒にご注文出来ます。
飲食用、物品販売用、サービス業用、医療用のぼり旗など幅広い業種の既製品のぼり旗を揃えております。
柏原市、八尾市、藤井寺市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、生駒市、香芝市を主に大阪府、奈良県限定で現場取付します。
オリジナル横断幕・懸垂幕・のぼり旗を、ご注文のお客様が安心してご注文いただけるように、親切・丁寧な対応を心がけています。
のぼり旗・横断幕・懸垂幕の製作をお急ぎの方は、出来るだけご希望に沿うようにいたしますので、是非ご相談ください。

生地について

のぼり旗、横断幕、懸垂幕用の生地の説明です。
弊社にお見積りを依頼される際に、どのような生地にしていいか分からない場合は、
下記の生地の説明を参照していただき、お選びください。

【 のぼり 】の生地について

テトロンポンジ

テトロントロピカル(のぼり旗)

金巾

天竺

遮光スエード


【 横断幕・懸垂幕 】の生地について

ターポリン

メッシュターポリン

遮光ターポリン

テトロンポンヂ

テトロントロピカル

テトロントロマット

金巾(かなきん)

天竺(てんじく)

シャークスキン

カツラギ(葛城)


*

【 のぼり の生地】 テトロンポンジ
テトロンポンジ
のぼり旗の中で最も一般的に使われている、ポリエステル系の生地です。
どの生地で作成したらよいか分からない方は、まずはこの生地をお勧めいたします。
ポリエステル系の生地の中で最も薄く、軽い生地ですので、風にも良くなびき、
目にもとまりやすくなっております。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 のぼり の生地】 テトロントロピカル
テトロントロピカル
テトロンポンジをより厚みを増した生地がテトロントロピカルになります。
少しでも厚みのあるのぼり旗を生地をご希望のお客様にお勧めしています。
ポンジより2倍の太さの糸で織ったポリエステル系の生地になります。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 のぼり の生地】 金巾
金巾
綿100%の比較的薄い生地です。
綿でのぼりを作る場合、この生地を選ばれるお客様が多いです。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 のぼり の生地】 天竺
天竺
綿100%の生地です。
大型のぼりや、のれん、半天などに多く使われる生地で、重厚感はあるのですが、
再現できる色が金巾よりも少なくなってます。
生地が厚い綿生地ですので、屋外よりも屋内で利用されることをおすすめします。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 のぼり の生地】 遮光スエード
遮光スエード
両面印刷用の生地です。
通常のぼり旗は、片面の印刷で裏側は反転した状態になっておりますが両面とも、
反転せずに印刷をご希望の場合は、光やインクを裏側に通さない遮光生地を用います。
遮光ツイルなどもご用意しておりますが、遮光スエードが一般的によく用いられます。
光沢があり、高級感があるのぼり旗に最適です。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 ターポリン
ターポリン
軟質塩化ビニール、一般的に屋外などで使われる横断幕で多い用いられているのが、
ターポリンです。
テント生地とも呼ばれています。
布系の中では頑丈な素材で、大型で長期に渡っての掲示に向いております。
実用耐久性は場所や環境によって差がありますが、
使用用途に合わせてハトメや袋縫い加工を行うことも出来ます。
短期の場合は補強ロープ縫い込みが必要ない場合もありますので、ご相談下さい。
但し、重量感はありますので頻繁に取り外し持ち運んだりするのには向かない素材です。
*対応印刷種類:インクジェット印刷/シルクスクリーン印刷(大量数)

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 メッシュターポリン
メッシュターポリン
軟質塩化ビニール、ターポリンに文字通り編み目になり、
風が抜けやすくなった、強風場所用のターポリンです。
小さく細かい穴が無数に空いておりますが、穴がほんのわずかですので、
頑丈さが衰えることはありません。
料金があがりますので、強い風を受けない場所では、通常のターポリンで充分です。
*対応印刷種類:インクジェット印刷/シルクスクリーン印刷(大量数)

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 遮光ターポリン
遮光ターポリン
軟質塩化ビニール、ターポリンはもともと、他の生地に比べ肉厚に出来ておりますが、
濃い色での印刷を施しますと裏にインクが抜けてしまい、両面には向いておりません。
ですが、この遮光ターポリンであれば、光を遮るよう、中に特殊な繊維を挟んであり、
どのような印刷をしても、インクが裏に抜けてしまうことはありません。
唯一の両面に別の印刷が行える生地となっております。
*対応印刷種類:インクジェット印刷

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 テトロンポンヂ
テトロンポンヂ
ポリエステル、75x75デニールの糸の太さを使用。のぼり旗で多く用いられる薄い生地。
シルクスクリーン印刷の場合、片面に印刷するだけで裏までしっかりと染まるので、
のぼりに最適なのですが、横断幕の場合は、裏側が無地の壁でない限り、
透けて横断幕のむこう側が透けて浮かび上がってしまう為、
物などを隠す用途には適しておりません。
薄い生地ですので、ハトメを開ける時には、レザーの当て布が必須となります。
強い力に耐えられるようできていないので、完全に風を受けてしまう場所には適しておりません。
*対応印刷種類:インクジェット印刷/シルクスクリーン印刷(大量数)

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 テトロントロピカル
テトロントロピカル
ポリエステル、150x150デニールの糸の太さを使用。
タペストリー、フラッグ、店内バナーで多く用いられるテトロンポンヂを2倍厚くした生地。
それでも薄い方ですので、シルクスクリーン印刷であれば裏側までインクは浸透します。
ダイレクトプリントや昇華転写印刷の場合は裏側まで100%浸透するとは言えず、
せいぜい50%の浸透率です。
ポンジ同様、ハトメを開ける時には、レザーの当て布が必須となります。
強い力に耐えられるようできていないので、完全に風を受けてしまう場所には適しておりません。
*対応印刷種類:インクジェット印刷/シルクスクリーン印刷(大量数)

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 テトロントロマット
テトロントロマット
テトロントロピカルを更に厚くした生地がこちらのテトロントロマットになります。
裏抜けは、ほぼしないと考えてよいので、裏側もお客様に見える場所には適しておりません。
頑丈で更に軽量なのは、この生地ですので、
ターポリン以外で製作をご希望の方には人気が高いです。
大きな応援用の幕を作成しても、重くなることがないので、
スポーツの応援用の横断幕にもお勧めです。
イベントなどでの簡易看板用としても広く愛用されております。
*対応印刷種類:インクジェット印刷/シルクスクリーン印刷(大量数)

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 金巾(かなきん)
金巾
綿、平織りの綿の中では薄い生地。綿で大量に製作する捺染めはこの生地です。
のぼりの綿素材はほとんどが、この金巾によって作成されます。
捺染めであれば機械にかけて、大量に刷ることができるのですが、
単色対応ですのでフルカラーの印刷やグラデーションはできません。
チェーン店の暖簾などでも多く使われいますので、
大量の綿素材の横断幕はこちらの生地での作成になります。
*対応印刷種類:顔料捺染め

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 天竺(てんじく)
天竺
綿、平織りの生地で金巾を厚くした生地。
本染めの暖簾などで多くみかけます、横断幕では応援用の幕(応援幕)として雨を吸うと重くなってしまう為に体育館などでの室内競技の応援に多く用いられます。
柔道や剣道、空手にバレーボールバスケットボールなど学生の応援で使用される方が多いです。
他に半天にも多く使用されております。
*対応印刷種類:顔料捺染め/手描き/本染め

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 シャークスキン
シャークスキン
綿、平織りの生地で天竺よりもやや厚い生地。
光沢があるので高級感が漂います。
綿の中では唯一写真やグラデーションのデザインが可能なダイレクト印刷が可能な生地です。
本染めの暖簾などでも多く用いられてる生地です。
横幕としては、暖簾と同じ染色方法の本染め(糊)とお高くなってしまうのですが、
フルカラー対応のダイレクトプリントの印刷方法があります。
*対応印刷種類:ダイレクトプリント/本染め

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る


*

【 横断幕 の生地】 カツラギ(葛城)
カツラギ(葛城)
綿素材の横断幕関係で多用されます生地で、
カツラギは日除け幕・暖簾などにも使われる大乗的な素材になります。
本格的な染めも出来ますし、ラテックス印刷と言う手法でフルカラーでの横断幕作成も
実現致しております。
綿素材は一般的には部活動などでの応援用の幕。

▲ 【生地について】用語集メニューに戻る

▲ このページのトップに戻る

線

のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集

のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集です。
のぼり旗、横断幕・懸垂幕のご依頼をされる際に、よく使われる用語を集めました。
弊社にお見積り等をご依頼される際に参考にしてください。

【 のぼり旗 】の用語について

のぼり/のぼり旗

立て台

チチ

三つ巻き補強


【 横断幕・懸垂幕 】の用語について

ハトメ

当て布

2枚継ぎ

棒袋

ロープ縫い込み

溶着・ウェルダー仕上げ

四辺縫製

四辺溶着


その他の用語について

ヒートカット(全般)

Illustrator (イラストレーター)

解像度

CMYK

JPEG/jpg

DIC

*

【 のぼり旗 の用語集】 のぼり/のぼり旗
戦国時代の戦の際、兵たちが敵味方を見分けるため、また大将や戦の指揮を執る武将が戦況を把握するために使用されていたのが始まりとされており、
基本的には縦長の四角い布にチチまたはチギリと呼ばれるわっかを側辺と上辺に付け、それにポール(竿)を通して掲げるもので当時は家紋などが幕に描かれていました。
現在ではのぼりは、さまざまな店舗の店頭などで店名や商品名を描いたものが立てられており、費用対効果の高い広告アイテムとして広く活用されています。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 のぼり旗 の用語集】 立て台
のぼり旗を立てる際にポールを固定する土台の総称です。
代表的なものは、注水式のぼりスタンドや鉄製のぼりスタンドがありますが、他にも土中に差し込み使うクイ型や、柱にくくりつけて使用するパイプ型、ワンタッチポールフォルダーなど、様々な種類があり、のぼり旗の使用状況に合わせて使いわけます。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 のぼり旗 の用語集】 チチ
のぼり旗の左右どちらかの辺(長辺)と上辺(短辺)に、つけられる白いわっかのことをチチといいます。
そのわっかには、竿またはポールを通します。一般的に白が多いのですが、綿生地の場合は、のぼりと同じ生地・同じ地色を染める共チチと呼ばれるものもございます。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 のぼり旗 の用語集】 三つ巻き補強
生地の端を2mmほど2回折り返しミシンにて縫製をかけることにより、ほつれを遅らせる方法で、縫製補強とも呼ばれています。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 ハトメ
横断幕の仕立て方のひとつです。穴を空けて、その穴のふちを輪の形状をした金属を当てて補強する方法です。
ハトメに紐を通し近くのパイプやフックに紐で繋ぎ止め固定します。見た目が悪くならない限り、多めに付けて他の設置場所に移った時でも、取り付けられるようにしておいた方がよいでしょう。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 当て布
文字通り、当てるための布。一般的には、対象となる生地の損傷を防ぐため、または生地の劣化からの保護のために、生地の全体、または一部に布を縫いつけるか単純に重ねるなどを施す補強方法のこと。
なお、横断幕における当て布とは、ハトメの仕立てを行う際に風による劣化を遅らせるための施行方法のことになります。ポリエステル系の生地や綿の生地にハトメの仕立てを行う場合はこの当て布が必須項目になります。ターポリンの場合でしたら、短い期間であれば必要ありません。
当て布に使う素材は合成皮革を使用しますが、特殊な固いポリエステル系の生地もご用意しておりますのでお問合せください。当て布は主に白い色をしており、色の染色することができないので、全面に色のはいった横断幕ですとデザインの妨げになってしまう恐れがあるので、裏側にのみあてる場合がほとんどですが、強度を増したい場合や白地のデザインの場合は幕の生地を挟み込むように当て布を施すことも出来ますので、こちらも担当の営業にお問合せ下さい。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 2枚継ぎ
横断幕のプリントにも、プリントできる版の大きさや生地の長さによって、大型の場合は1枚のみで製品を作るには限界がありまして、2枚別々にプリントしたものを繋ぎ合わせて縫製することを2枚継ぎと呼んでいます。
もし、お客様のご要望サイズが「2枚継ぎ」でなければ難しい場合には、お見積りの時点でこちらから2枚継ぎでなければならない事をご報告させて頂きます。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 棒袋
横断幕を設置するための仕立てのひとつです。通常横断幕ではハトメのみが多く、この棒袋の仕立ては垂れ幕の時に多く使用される仕立てです。左右か上下に棒が入るよう、袋状に縫製して、棒を通し両端をしっかりとテンションをかけて張っておく方法です。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 ロープ縫い込み
横断幕の補強方法の一つ。 横断幕の四辺を縫製か溶着で仕立てた場合に、 更にほつれないよう強度を上げるために四辺にロープを縫い込む方法のこと。 四辺の処理がヒートカットの場合、または綿生地の場合はロープ縫い込みが出来ません。ご注意下さい。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 溶着・ウェルダー仕上げ
ターポリン生地の四辺の処理の仕方。 生地の辺を折り返し、熱で溶解させ、急速冷凍させることで、 接着させる強度な接着方法です。 横断幕の辺の仕立てには、通常ミシンで縫製を一気にかけていく「縫製」と この「溶着」があります。 また、ウェルダー仕上げと呼ばれることもあります。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 四辺縫製
横断幕の四辺を折り返して、横断幕の生地布が破れたり、ほつれたり裂けたりしないように縫製加工を行うこと。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 横断幕・懸垂幕 の用語集】 四辺溶着
横断幕の生地布が破れたり、ほつれたり裂けたりしないように、横断幕の四辺を折り返して熱で溶かして急速冷却して 接着させる強度な接着方法です。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 ヒートカット
ホツレ防止目的で熱で溶かして固定する方法。 ポリエステル生地のみ可能な方法です。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 Illustrator (イラストレーター)
Illustratorとは、Adobe Systems社のグラフィックス描画アプリケーションソフトウェア。
原則的にデザインデータを入稿して頂く際には、このアプリケーションの形式のデータで入稿していただきます。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 解像度
テレビやコンピューターディスプレーの表示や、プリンターの印刷における精細さのことでほとんどの場合、単位はdpi(dot per inch:ドットパーインチ)で表現します。
dot(ドット)とは「点」を表わし、inch(インチ)は長さの単位ですから、解像度とは1インチ当たりの dot(点)の数を意味します。この数値が高いほど画像は精密になり、低ければ画像は荒くなります。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 CMYK
カラー印刷やコンピューターグラフィックスで利用される色の表現形式のひとつで、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4色から成ります。
基本的に、イラストレータなどで制作したデザインをご入稿される際には、このCMYKでのご入稿をお願いしております。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 JPEG/jpg
静止画像データを圧縮や伸張する方式のひとつで、デジタルカメラの画像記録やインターネットの画像配布などで広く一般的に使用されています。
画像データですとかなり高画質でないとぼやけてしまう恐れがありますので、出来る限り高い解像度と画質にてご入稿ください。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る


*

【 その他 の用語集】 DIC
DICカラーガイド(DIC Colorguide)は、大日本インキ化学工業が出版する色見本帳で、同社の登録商標です。
厳密に色味の指定をなさりたい場合ですと上記のCMYKカラーでは無くDICカラーでご指定下さい。

▲ 【のぼり旗・横断幕・懸垂幕の用語集】メニューに戻る

▲ このページのトップに戻る

©2007- yamamoto kougeisha