オリジナルのぼり旗、横断幕、懸垂幕、既製品のぼり旗を大阪府柏原市から全国に激安価格で通販しております。

主な営業範囲 大阪、奈良、和歌山、滋賀、福岡、東京、埼玉、千葉、愛知、愛媛、京都、熊本、徳島、三重、大分、青森、秋田、石川、通販で全国対応
のぼり旗•横断幕•懸垂幕
販売店 カルミア

〒582-0022
大阪府柏原市
   国分市場2-10-18
TEL:072-977-2350
FAX:072-977-2310
営業時間AM9:00-PM6:00

お問合せの際はQ&Aを
ご参照ください。
FAX専用お見積り・お問合せ用紙
(↑PDFが開きます)
FAX用お問合せ用紙をご利用いただくためには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のGet Adobe Readerのアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご利用ください。
アドビリーダー

*

Valid XHTML 1.0 Transitional


正当なCSSです!

»トップページ »Q&A「よくある質問」

Q&A「よくある質問」

フルカラー対応。1枚から大口注文まで対応します。

10,000円以上!全国送料無料!安心価格!

各種のぼり旗・横断幕・懸垂幕の品質に自信があります。
のぼり竿(のぼりポール)、立て台も取り揃えておりますので、のぼり旗と一緒にご注文出来ます。
飲食用、物品販売用、サービス業用、医療用のぼり旗など幅広い業種の既製品のぼり旗を揃えております。
柏原市、八尾市、藤井寺市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、生駒市、香芝市を主に大阪府、奈良県限定で現場取付します。
オリジナル横断幕・懸垂幕・のぼり旗を、ご注文のお客様が安心してご注文いただけるように、親切・丁寧な対応を心がけています。
のぼり旗・横断幕・懸垂幕の製作をお急ぎの方は、出来るだけご希望に沿うようにいたしますので、是非ご相談ください。

Q&A

今までにいただいた代表的な質問と回答を掲載しております。
著作権については免責事項のページでご確認下さい。
もし、御社がお探しになっている回答が無い場合には、お問合せフォームからご質問内容をお寄せください。

よくある質問 データについて 印刷方法、色について お支払い方法、送料、営業範囲等について その他の質問

*

◆ よくある質問
Q1-1. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は価格表以外のサイズも製作できますか?
Q1-2. 見積り依頼したら注文しないと駄目ですか?
Q1-3. 納期はどのくらいですか?
Q1-4. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は何枚から注文できますか?
Q1-5. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は製作開始前にデザインは見せてもらえますか?
Q1-6. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の返品や交換は可能ですか?

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕のデータについて
Q2-1. 書体はどんなものが使えますか?
Q2-2. 手描きのデザインでも横断幕・懸垂幕・のぼり旗のデザインはしてくれますか?
Q2-3. ワード、エクセルで作成したデザインでも製作可能ですか?
Q2-4. デザインデータ作成を依頼したとき、修正は何度でもしてもらえますか?
Q2-5. 2回目以降の注文する時に前回と同じ仕様の横断幕・懸垂幕・のぼり旗を注文したら前回より安くなりますか?
Q2-6. のぼり旗・横断幕・懸垂幕に写真を入れることはできますか?
Q2-7. 注文したい看板デザインのデータを送る方法は?
Q2-8. メールで問い合わせてから返信がありません。

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕の印刷方法、色について
Q3-1. 色はどのように指定したらいいですか?
Q3-2. のぼり旗・横断幕・懸垂幕のプリント方法はどんなものがありますか?
Q3-3. のぼり旗・横断幕・懸垂幕のプリントの色は何色までできますか?
Q3-4. 金や銀をのぼり旗にプリントすることはできますか?
Q3-5.蛍光色を使ったのぼりを作ることはできますか?
Q3-6. 薄い色や蛍光色は色薄くなりやすいですか?
Q3-7. すでに色が染まっている生地でものぼりを作ることはできますか?

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕のお支払い方法、送料、営業範囲等について
Q4-1. 支払い方法は?
Q4-2. 領収書の発行はできますか?
Q4-3. 送料は?
Q4-4. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の配達日の指定はできますか?
Q4-5. 商品が届きません。
Q4-6. 別々に注文した商品同士の同梱は可能ですか?
Q4-7. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は複数の場所に発送してもらえますか?
Q4-8. 注文した商品を工場に直接取りに行ってもいいですか?
Q4-9. 営業範囲は?
Q4-10. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の取付はしてくれますか?

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ その他の質問について
Q5-1. 横断幕・懸垂幕の仕上がりはどうなりますか?
Q5-2. のぼり旗は三方縫製してますか?
Q5-3. のぼりはどのような形状ですか?
Q5-4. 横断幕・懸垂幕・のぼり旗でよく使われる生地ってありますか?
Q5-5. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の既製品は扱っていませんか?
Q5-6. 既製品のぼり旗とオリジナルのぼり旗はどっちがいいですか?
Q5-7. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は火気の近くに置いても大丈夫ですか?
Q5-8. 防炎ののぼりを作ることはできますか?
Q5-9. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は台風などの強風でも外に置いたままでも大丈夫ですか?
Q5-10. のぼり旗の耐久期間は?
Q5-11. のぼり旗を注文したらポールや立て台などはついてますか?
Q5-12. 看板は取り扱ってますか?

▲ Q&Aのメニューに戻る

▲ このページのトップに戻る

線

*

◆ よくある質問
Q1-1. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は価格表以外のサイズも製作できますか?
価格表以外のサイズでも作成することは出来ます。
弊社で注文の多かったサイズを価格表に記載しております。
価格表以外のサイズでも横断幕・懸垂幕・のぼりの製作しますのでお問い合わせ下さい。
見積依頼は無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。
e-mail
FAXは 072−977−2310
メールでの見積依頼の場合は、お問い合わせフォームよりお願いします。
また、FAXでの見積依頼の場合はFAX見積フォーム(PDF)をご利用ください

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q1-2. 見積り依頼したら注文しないと駄目ですか?
出来る限りお客様のご希望に 添うよう努力致しますが、
ご希望に添わない場合はお断りして頂いて結構です。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q1-3. 納期はどのくらいですか?
振込確認後、看板のデザインを最終確認後7営業以内に発送します。
但し、仕事の混雑状況により製作日数がかかる場合があります。
お急ぎの方は制作可能な場合もございますのでお問い合わせ下さい。
修正回数が多くなればなる程、納品が遅くなります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q1-4. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は何枚から注文できますか?
1枚から喜んで製作させていただきます。
但し、オリジナルのぼり旗は小ロットの場合、昇華転写プリントでの製作となります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q1-5. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は製作開始前にデザインは見せてもらえますか?
製作前にデザインを送ります。
お客様にはそのデザインを見て頂き、納得して頂きましてから製作に入らせて頂きます。
デザイン作成は発注が前提の場合のみの作成となりますので、
デザイン作成後のキャンセルはお受けしておりませんのでご了承下さい。
正式発注後にキャンセルになった場合、キャンセル料(デザイン作成料)が発生する場合がございます。
デザイン確認後、製作段階途中でのキャンセルは見積り料金と同額がキャンセル料金となります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q1-6. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の返品や交換は可能ですか?
横断幕や応援幕・懸垂幕はオリジナルの加工製品の為、返品は出来ません。
イメージ違いによる返品はお受けできませんのでご了承ください。
当方の製作ミスによる、不良品(商品の欠陥等)は良品と交換もしくは返金させていただきます。
(返品は商品到着後、7日以内にお願いします。返品期限を越えた返品についてはご遠慮ください)
着払いで返品して下さい。
但し、お客様ご自身が取り付けされた際の加工に関する費用
(人件費、移動費、作業車両賃貸料など)の補償は一切できません。
ご了承のうえご利用お願いいたします。
原則的に、使用された物は返品・交換は出来ませんのでご了承下さい。
制作やり直し期間は出来る限り早く行いますが、1週間程度の期間が必要となります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕のデータについて
Q2-1. 書体はどんなものが使えますか?
すべてではありませんが、ご参考のため代表的なものをフォントページにまとめました。
イラストレーターのデータで入稿の場合、
書体はすべてアウトライン化した状態での入稿をお願いします。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-2. 手描きのデザインでも横断幕・懸垂幕・のぼり旗のデザインはしてくれますか?
お客様の下書き原稿案をお渡しください。それを元に原稿を製作します。
デザイン代として別途料金がかかります。
極力お客様のお持ちになるイメージに近いデザインを製作させて頂きます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-3. ワード、エクセルで作成したデザインでも製作可能ですか?
イラストレータでデータ作成が出来ない場合、Word、Excelにもに対応しております。
お客様より頂いたデータはIllustratorに作り変える必要があるため、制作料金として最低3,000円から料金がかかります。
書体については当社のPCにある一番近いフォントになります。
但し、デザインが複雑な場合や、ロゴマークやイラストなどの画像の修正が必要な場合は
別途料金が発生いたします。
また、Word、Excelでのデータ入稿の場合、文字化けすることがある為、お手数ですが画面キャプチャ(プリントスクリーン)をして頂き、JPEG形式で保存したイメージデータも一緒に送付お願い致します。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-4. デザインデータ作成を依頼したとき、修正は何度でもしてもらえますか?
デザインデータ作成を弊社にご依頼いただいた場合、修正2回までは無料です。
3回目以降のデータ修正については修正作業代が別途かかります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-5. 2回目以降の注文する時に前回と同じ仕様の横断幕・懸垂幕・のぼり旗を注文したら前回より安くなりますか?
申し訳ありませんが安くなりません。
但し、1回目の注文する時にイラストレータ支給以外でご注文いただいたお客様はデザイン代はかかりません。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-6. のぼり旗・横断幕・懸垂幕に写真を入れることはできますか?
可能です。実際ののぼり旗のサイズの解像度が100dpi以上であれば、綺麗にプリントされます。
横断幕・懸垂幕に関しては大きさにより綺麗にプリント出来る解像度が変わってきます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-7. 注文したい看板デザインのデータを送る方法は?
データはイラストなどのアウトライン化がされているかどうかご確認の上
メールでデータを添付していただくか、CDを郵送で送って下さい。
イラストレータ(ver8.0)形式で製作お願いします。
(マックで製作した場合はPDFに変換して送って下さい。
データを圧縮される場合はzip形式にて圧縮をお願い致します。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q2-8. メールで問い合わせてから返信がありません。
迷惑メールとして受信される場合があります。
メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられてる事がありますので、
お手数をかけますが迷惑メールフォルダ内をご確認ください。
また、ご記入いただいたメールアドレスにお間違いがないかご確認をお願いします。

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕の印刷方法、色について
Q3-1. 色はどのように指定したらいいですか?
色は言葉や文字だけのやりとりだけですと、どうしても思い違いが生じやすいので、
厳密な色の指定がある場合は、その色のついたものも郵送して頂ければ(できればなるべく面積の広いもの)、
それにできるだけ近い色で印刷いたします。
紙ベースと生地ベースでは若干、見え方が異なる場合がありますのでご了承ください。
また、DICカラーチップの番号でもご指定が可能です。
色見本が何もない場合で厳密な色の指定がない場合は、弊社の担当者にお任せ頂くことも可能です。
その場合はお客様から送って頂いたデザインをパソコンで見てそこから近い色を選びますが、
OSの違いやモニターの違いでどうしてもお客様と担当者の見ている色が全く同じではありませんので、
その点は予めご了承ください。
(お使いのディスプレイによる発色の差、プリンターの性質等様々な問題がございますのでご了承ください。)

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-2. のぼり旗・横断幕・懸垂幕のプリント方法はどんなものがありますか?

主にシルクスクリーンプリント、昇華転写プリント、4色分解プリントがあります。

[シルクスクリーンプリント(1色、2色、3色、4色)]
版を作成して、水性顔料にて印刷します。
色数が少なく、10枚以上の場合は、ほぼこちらの方法になります。
版をつくりますので、枚数が多くなるほど、単価が下がります。
『特色○色』と御見積書にあれば、ほぼこちらの方法です。

[昇華転写プリント]
転写紙にインクジェット出力をしたあと、それをのぼり生地に転写します。
枚数が少ない場合はこちらの方法になります。
フルカラー印刷、写真の印刷も可能です。
のぼり生地に直接印刷する、ダイレクトプリントもございます。

[4色分解プリント]
フルカラーのぼり、写真が入るのぼりで、枚数が多い場合は、こちらの方法がお安くできます。
こちらも版をつくります。
ただ、色のご指定が厳密な場合は、その部分のみ特色の版をつかって印刷します(料金が上がります。)

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-3. のぼり旗・横断幕・懸垂幕のプリントの色は何色までできますか?

1色からフリカラーまで対応可能になっております。
基本的に白色の生地にプリントするため、白色は1色に数えません。
昇華転写プリントの場合はフルカラーでも料金は同じですが、
それ以外は色数で料金が違ってまいります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-4. 金や銀をのぼり旗にプリントすることはできますか?

可能です(別途お見積り)。
ただこの場合、裏面はその色が多少透ける程度で金や銀が綺麗に出ることはありませんので、
裏面を見られることが少ない屋内で使用する場合以外は、あまりお勧めできません。
また違う製法ですが、黄土色や灰色を金や銀のように見せる
グラデーションでしたら裏面にも綺麗にインクが抜けます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-5.蛍光色を使ったのぼりを作ることはできますか?

可能です(別途お見積り)。
但し、蛍光色をプリントしますとどうしても色褪せが早くなってしまいます。
一般的に蛍光色を使った目立つのぼりを製作する場合には、
蛍光ポンヂという生地をお勧めしております(別途お見積り)。
こちらの生地でしたら色褪せも蛍光色をプリントするよりは長持ちします。
生地の色は、蛍光黄、蛍光オレンジ、蛍光緑、蛍光ピンクの4種類に限られます。
そして黒または赤以外の色を蛍光ポンヂにプリントする場合、生地の色と混ざってしまうため、
思い通りの色にならないことがあります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-6. 薄い色や蛍光色は色薄くなりやすいですか?

薄い色や蛍光色は濃い色に比べると色落ちが早いので
デザインを考える場合は色落ちの事も考えてデザインされる事をお薦めします。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q3-7. すでに色が染まっている生地でものぼりを作ることはできますか?

可能です。
上記で述べた蛍光色をはじめ、赤、青、黄色、緑、紫、水色紺、オレンジ、ピンクの
無地の先染め生地をご用意してはおりますが、プリントできる色は限られてしまいます。
例えば黄色の先染め生地に青をプリントしようとしても、どうしても緑がかってしまいます。
どの先染め生地にも濃い色をプリントすることをお勧めします。

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ のぼり旗・横断幕・懸垂幕のお支払い方法、送料、営業範囲等について
Q4-1. 支払い方法は?

銀行での先振込のみとなっております。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-2. 領収書の発行はできますか?

原則しておりません。
お振込時に金融機関から発行されるお振込控を商品代金の受取証書とさせて頂きます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-3. 送料は?

基本1,000円かかります。遠方の場合は割増料金となります。
但し、10,000円以上お買い上げのお客様は送料無料となります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-4. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の配達日の指定はできますか?

はい、可能です。
但し、製作日数や配達の都合で、ご希望に添えられない場合がございます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-5. 商品が届きません。

何かの手違いによるミスだと考えられますので、ご面倒ですがお電話かメールで問い合わせをお願いいたします。
すぐに対応させて頂きます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-6. 別々に注文した商品同士の同梱は可能ですか?

別々にご注文いただいた商品は別配送となります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-7. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は複数の場所に発送してもらえますか?

可能です。但し複数場所に送る場合は別途料金(梱包代、送料)がかかります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-8. 注文した商品を工場に直接取りに行ってもいいですか?

事前に連絡いただけたら来ていただいて結構です。
但し、既製品のぼりについては通信販売のみとなっております。
既製品のぼりは在庫がない商品がございますので納期にお時間を頂く場合がございます。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-9. 営業範囲は?

北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、東京、神奈川、埼玉県、千葉、茨城、群馬、
栃木、愛知、静岡、三重、岐阜、新潟、長野、山梨、石川、富山、福井、大阪、京都、奈良、
兵庫、滋賀、和歌山、岡山、広島、鳥取、山口、島根、愛媛、徳島、高知、香川、福岡、佐賀、
長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄と日本国内なら全国販売しております。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q4-10. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の取付はしてくれますか?

取付料金が別途かかりますが、大阪と奈良では取付に対応しております。

【 大阪府 】 
柏原市、八尾市、藤井寺市、羽曳野市、松原市、東大阪市、大阪市、太子町、
富田林市、河南町、千早赤阪村、大阪狭山市、河内長野市、堺市、和泉市、大東市、
四條畷市、門真市、守口市、寝屋川市、交野市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、
貝塚市、熊取町、泉佐野市、摂津市、吹田市、豊中市、枚方市、高槻市、その他 大阪府全域

【 奈良県 】 
生駒市、王寺町、三郷町、平群町、斑鳩町、香芝市、上牧町、河合町、安堵町、川西町、
三宅町、広陵町、大和郡山市、葛城氏、大和高田市、葛城市、田原本町、橿原市、天理市

▲ Q&Aのメニューに戻る

*

◆ その他の質問について
Q5-1. 横断幕・懸垂幕の仕上がりはどうなりますか?

横断幕・懸垂幕は四辺を二重に縫製し、周りにロープを入れご希望の間隔でハトメを入れます。
ご指定がない場合は、450〜600mm間隔で入ります。
縫製やハトメ加工は横断幕・懸垂幕の価格表に含まれていますが、
横断幕や懸垂幕に特殊な縫製加工が必要な場合や特別ハトメ加工が多い場合は
別途料金がかかることがあります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-2. のぼり旗は三方縫製してますか?

生地のほつれ防止の為にしております。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-3. のぼりはどのような形状ですか?

のぼり縦長の長方形の布に、ポールを取り付けるための布(チチといいます)が縫い付けてあります。
チチは基本的には横の辺に5つ、上の辺に3つです。
お客様のご希望がない場合は左側にチチ加工します。     
但し、ポリエステル系の生地でしたら特殊なカットも可能になります。
下の辺をホームベース型や逆ホームベース型にカットしたり、
チチのついていない角を丸くカットするRカットなど、さまざまなパターンのカットが可能です。
なお、このような特殊なカットはチチがつけられる範囲内のみになります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-4. 横断幕・懸垂幕・のぼり旗でよく使われる生地ってありますか?

弊社では横断幕・懸垂幕がターポリン、のぼり旗ではテトロンポンジでのご注文が多いです。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-5. のぼり旗・横断幕・懸垂幕の既製品は扱っていませんか?

既製品のぼり旗は多数扱っていますが、
横断幕、懸垂幕については既製品を扱っておりません。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-6. 既製品のぼり旗とオリジナルのぼり旗はどっちがいいですか?

必要な枚数や予算の関係等ありますので、既製品のぼり旗とオリジナルのぼり旗のどちらが良いとは言えませんが、
オリジナルのぼり旗の方がお客様がイメージしてるのぼり旗になります。
枚数によってはオリジナルのぼり旗の方が既製品のぼり旗より安くなる場合もあります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-7. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は火気の近くに置いても大丈夫ですか?

大変危険なので火気の近くには置かないで下さい。
ターポリンやテトロンポンヂなどのポリエステル系の生地は熱に弱い素材ですので、
火気のそばでのご使用は避けて頂きますようお願いします。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-8. 防炎ののぼりを作ることはできますか?

可能です。枚数や色数や仕様によって、防炎生地、防炎インク、スプレータイプ、の3つに分けられます。
いずれも消防法に基づいた、防炎シールをお付けすることが可能になっております。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-9. のぼり旗・横断幕・懸垂幕は台風などの強風でも外に置いたままでも大丈夫ですか?

危険ですので、収納する方が良いです。
台風が強風の時は、最大限の補強加工を施していても、
風の強さで飛ばされて思わぬ災害を引き起こしてしまう恐れがあります。
横断幕・懸垂幕は飛ばされなくても、風でなびいた生地が壁を叩き破損の原因となる可能性があります。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-10. のぼり旗の耐久期間は?

設置環境や使用方法にも異なりますが、設置したらそのまま出しっぱなしというパターンで考えますと期間にして約3か月程度ではないでしょうか。
その場合、ほつれなどの破損より、汚れが目立ち始めてくるため交換したくなるということのほうが多いようです。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-11. のぼり旗を注文したらポールや立て台などはついてますか?

ポールや立て台などはご注文の際にご指示ご指示をいただかない限りついてはおりません。
詳しくはトップページから『のぼりポール』をご覧ください。
ポールや立て台等は別途料金がかかります。 ポールや注水スタンドだけの販売はしておりません。

▲ Q&Aのメニューに戻る

Q5-12. 看板は取り扱ってますか?

取り扱っています。店舗看板、駐車場看板、不動産用看板等の各種看板を扱っておりますので
別途お見積り承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

▲ Q&Aのメニューに戻る

▲ このページのトップに戻る

©2007- yamamoto kougeisha